長野県飯田市|南信州篠田農園

お問い合わせ

りんご・桃・梨・市田柿の全国発送(通信販売・お取り寄せ)とフルーツ狩り・りんごの木オーナー

篠田農園のご案内

◆桃・梨・信州りんごの全国発送とフルーツ狩り

果物の全国発送

・桃(あかつき)の通信販売と桃狩り
・梨(幸水・あきづき・南水)の通信販売と梨狩り
・りんごの通信販売とりんご狩り
・りんごの木オーナー
・市田柿の通信販売

◆ワーキングホリデーと農業体験受入

篠田農園では、ワーキングホリデー飯田・修学旅行の中学生や一般の方々の農業体験を受け入れています。農園のスタッフとともに果樹の世話を体験することにより、農業に関わりを持ちたい皆さんを応援します。日々の暮らしではなかなか経験できない農作業や田舎暮らしを通じ、ご自身の生活をふりかえるきっかけになるかもしれません。

◆海外からも技術研修に

◆食の安全に対する取り組み

安全に対する取り組み

安全でおいしいフルーツ作りにはとても手間隙がかかります。フルーツ栽培は自然との闘いで、気候や天候の変化には大きく影響を受けますし、病気や害虫の心配もあります。農薬は、病気は虫の害を防ぐ有効な手段ではありますが、その使い方や量によっては人にも害を及ぼすという両刃の剣でもあるのです。又、化学肥料も成分によっては人体に影響を与える場合もございます。そして、それらの被害をもっとも多く受けるのがわれわれ生産者なのです。
お客様の健康に対する配慮は勿論のこと、私たち生産者自体も自分自身の健康に留意しなければなりません。だから、農薬や化学肥料はできれば使いたくありません。しかし、農薬をまったくゼロにすることはなかなかできません。もしもまったくの無農薬で栽培したとしたら、病気や虫害の影響で生産効率が現在の数十分の一になってしまい、果樹の価格は現在の30倍~50倍になってしまうかもしれないのです。
篠田農園では、この矛盾をクリアするために、農薬の種類・量や散布時期を考慮して最低限の使用に留めています。そして、有機肥料のみを使い、化学肥料は一切使用していません。
偽装事件などの報道で「食の安全」が注目されている昨今ですが、私たち篠田農園は
ポジティブリストの採用
化学肥料を使わず有機肥料のみで栽培
農薬の使用回数を減らし使用時期を調整
ステビア農法の採用
をはじめ、安心・安全なフルーツ作りには何よりも大きな労力を払っています。そのおかげで、私たちは自分たちの農園でできたりんごや梨は、洗わずにそのまま食べ続けています。

 篠田農園 代表 篠田 治
 〒395-0001 
 長野県飯田市座光寺466-1
 電 話:0265-23-1273
 FAX:0265-23-1278
 メール:info@the-ringo.com


  • 桃の全国発送
  • 梨の全国発送
  • 信州りんごの全国発送
  • 市田柿の全国発送
  • りんごの木オーナー
  • りんご・もも・梨狩り
  • 中津川の栗菓匠
  • 南信州のおすすめ茶舗
ページのトップへ戻る